2006年03月06日

A LONG VACATION / 大滝詠一

夏・・・、Air Supplyもいいですが、日本の夏と言えばやはり大滝詠一、この人です。僕にとっては、決してチューブやサザンではありません。
このアルバムが発表されたのは、1981年。僕はこの年にLPを買い、その後CDで買い直し、さらに20周年ってことで、大滝詠一自身によるリマスタリング盤が出ましたので買い足しました(笑)そういえば、日本でのCD化第一号がこの作品だったとか。
内容のほうは、そりゃもう言うことなしです。いい意味でアメリカナイズされた、とても洗練されたポップスって感じ。
この作品を聴いて僕が一番驚いたのは、全編松本隆による、その歌詞の世界でした。それまで聴いていたニューミュージックでは、男性のアーティストであっても、女性の立場からの、女心を歌ったものが多かったのに対し、この作品ではちゃんと男性側からの視点で書かれています。これはすごく新鮮なことでした。そしてその歌詞は、サウンドとは裏腹に、ちょっぴり切ないものが多いです。

ohtaki.jpg

最近、ちょっと季節はずれですけど、僕のクルマでは常にこれがかかってます。小学生の娘達は、スマップにかえて〜って言ってますけど、ええ、僕はかえませんとも(^^ゞ
そのかいあって、娘達もたまにハナウタに出るくらいになりました(笑)
posted by こいち at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

Best Of Air Supply / Air Supply

エア・サプライです。その名のとおりとっても爽やかで清々しく、夏の海辺や行楽のお供にピッタリ(^^)
当時はみんな知ってたので効果は無かったけれど、今の若い男性諸君には、お目当ての女の子とのドライブに絶対オススメ!優しい気持ちになれる曲ばかりです。
そんな彼らは、80年から83年くらいにかけて大ブレーク。テレビ番組の主題歌やCMなんかでもよく使われていたものです。ってことは?そうですそうです、当時の曲を網羅したベスト盤を一枚押さえとけば大丈夫ってことですね(^_^;)
ところがこのベスト盤、手を変え品を変え何度も出てるんですねぇ。僕が持ってるのももはや廃盤のようです。まぁどれを選んでも有名どころの曲は間違いなく収録されていますのでご安心を。例えばこんな曲です。
"Lost In Love"(ロスト・イン・ラブ)、"Even The Nights Are Better"(さよならロンリー・ラブ)、"The One That You Love"(シーサイド・ラブ)・・・
ただですね、この2曲が収録されていることは間違いなく確認して買ってください(笑)
"Making Love Out Of Nothing At All"(渚の誓い)
"I'll Never Get Enough Of You"(あなたのいない朝)
特に後者は、テレビ番組の主題歌として日本でだけヒットした曲のようですので、日本で企画・選曲されたベスト盤にしか入っていないことが多いみたいです。

air_best.jpg

なんで画像が小さいか?だって本人たちが写ってるもんで・・・(汗)エア・サプライって言えばこんな↓イメージがウリだったハズなのに!

948.jpg383.jpg147.jpg
posted by こいち at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Who's Foolin Who / Frankie Bleu

フランキー・ブルー・・・誰なんでしょうね、いったい(汗)
フランキー堺じゃないし、リリー・フランキーでもない(笑)ともかくフランキー・ブルーの82年もの。
邦題は「潮風のバラード」です。でも、潮風を感じるような曲ではないし、バラードっぽくもない。もう少しアーバンでジャジーな感じです。わかりますかね^_^;
当時、何の予備知識も無く買ってみたんですが、これが意外と佳曲揃い(^^)
で、収められている全9曲のうち、"Just For You"って曲には"Suzanne's song"、"Take Your Time"ってやつには"Vanessa's song"っていう副題がそれぞれついてまして、どうやら今と昔の恋人に捧げた曲らしいです。
ふ〜む・・・、こういうのに女性は弱いんでしょうねぇ。

blue.jpg

歌声も女心に響きます(笑)
posted by こいち at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

Reflections / 寺尾 聰

クリストファー・クロスが全米の音楽界を席捲した翌年、日本で大ヒットしたのが寺尾聰の「ルビーの指輪」でした。それまで音楽活動をされていたのかどうかは知りませんが、俳優だと思っていた彼が、この曲と独特の唄い方で登場したのでした。
続いて発表された曲もことごとくヒットし、当時のテレビ番組『ザ・ベストテン』において、3曲か4曲同時にベスト10入りしていたこともありました。
この年、「ルビーの指輪」を耳にしなかった日は無かったと言っても決して過言ではありますまい(いや、ちょっと言い過ぎました・・・)。当時は聴き飽きた感もありましたが、今またテレビCMで流れているのを聴くと、とても新鮮でやっぱりいい曲だなぁと思います。
というわけで、それらのヒット曲を収めたこのアルバム、「Reflections」は81年の作品です。

terao.jpg

10年くらい前にコンサートに行きました。「ルビーの指輪」から10年以上経っていて、復活コンサートみたいな感じで、また音楽活動を再開しますって言ってたのにそれっきりでした。今年やっとまたコンサートをするようです。
posted by こいち at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

Christopher Cross / Christopher Cross

さてさて、Mr.フラミンゴことクリストファー・クロスです。
自分の名前を冠した80年のデビュー作。名前をタイトルにするってことはよほどの自信作ってことだったんでしょうか。その証拠に、この年のグラミー賞では、新人賞を含む主要4部門を独占するという快挙を成し遂げました。ちなみに、邦題は「南から来た男」です。
楽曲、編曲、そして何よりもこの声!!ジャケットには写真無し、いったいどんなアーティストなんだろうと、あれこれ想像したものです。日本でいうと小椋佳ってところでしょうかね。
このアルバムの後、「ニューヨークシティ・セレナーデ」など、いくつかのヒット作もありました。
是非とも聴いてみて欲しい一枚です。

cross.jpg

ここだけの話ですが、初めて本人を見たときの衝撃ったら(笑)これもまた小椋佳と通じるものが・・・(汗)

posted by こいち at 01:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

Hits! / Boz Scaggs

ボズ・スキャッグスです。80年に発表されたベスト盤です。
ってことは、厳密に言うと80’sの曲ではないんですが、いいものはいい!ってことで。国内盤と輸入盤では若干選曲が違ったように思いますが、いずれにしてもいい曲がいっぱいです。"We're All Alone"なんて定番中の定番ですよね。
ジャケットからしてカッコいいです。最近のDVDを見たんですが、年をとってもカッコいい。ちょっと高田順次に似てるところがまたなんとも言えず・・・(笑)
確かこれを最後に長らくアルバムを出してなかったんですが、90年前後くらいからまた音楽活動を再開してます。一応一通り持ってますが、これを超えるアルバムはありません。
ボズと言えばこの『Hits!』にトドメです!(^^)

boz.jpg

最近は日本でもブルーノートでライブをやってますね。一度は見に行きたいものです。

posted by こいち at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

Home By Dawn / J.D.Souther

J.D.サウザーと言えば、やっぱり"You're Only Lonely"ですよねぇ。あれは確かにいい曲です。でもアルバム全体を通じて聴くとしたら、僕は絶対こちらがオススメです。
でも、昔からのファンの人には受けが悪いようですね(^^ゞ

JD.jpg

続きを読む
posted by こいち at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうして、今こそ80’s!?

小学校の終わりごろ、帰りの放送で「イエスタデイ・ワンス・モア」がかかっていてカーペンターズを知りました。まだ習っていない英語を聞きながら、歌詞カードにカタカナで読み方を書いていました。

続きを読む
posted by こいち at 03:08| Comment(0) | TrackBack(1) | なぜ今80's? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Over Tne Line / Greg Guidry

つい先日、タワーレコードをうろうろしていたら、このCDの紙ジャケ仕様を見つけまして、ついつい買ってしまいました。2005年の9月に「DSDマスタリング」されて、何度目かの再発だったようです。

greg.jpg

続きを読む
posted by こいち at 02:33| Comment(2) | TrackBack(1) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。