2006年04月26日

Dad Loves His Work / James Taylor

JTです。日本たばこじゃなく、ジェイムス・テイラーです。この人も長い芸暦ですけど(笑)、僕が一番好きなのがこのアルバム、81年に発表された「ダディーズ・スマイル」です。
AORっぽい1曲目、2曲目、アップテンポでノリノリの6曲目、JTならではの小品といえる8曲目など、バラエティに富んでいながら、どの曲にもJTのエッセンスがたっぷり。飽きずに聴ける名作だと思います。
特に2曲目の「憶い出の町」は、J.D.サウザーとのデュエットが秀逸!!JTの声って意外とデュエットで生きるんですよねぇ(^^)

JT.jpg

当時は気にも留めませんでしたけど、このアルバムタイトルが意味するところ、最近気になって仕方ありません。
「父さんは自分の仕事が好きだ!」
自分の仕事がどういうものか、いかに誇りを持って取り組んでるかってことを子供に伝えたかったんでしょうか。自分が父親となった今、それは僕の最大のテーマでもあります(>_<)
posted by こいち at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

mid-summer blossoms

ご存知でしょうか、91年に発売されたこの作品、直訳すれば「真夏の花」転じて「真夏の果実」。そうです、サザン・オール・スターズの作品をアメリカのミュージシャン達が唄ったアルバムです。全編、英語詞になってます。
曲目とミュージシャンはこちら↓です。

blossoms.jpg

1. Mid-Summer Blossoms - フィリップ・ベイリー
2. Memories Of Her - ビル・チャンプリン
3. Just A Little Bit - マイケル・センベロ
4. September Winds - レニー・ウィリアムス
5. Lovers On The Shore - レニー・ウィリアムス
6. Sha La La - ビル・チャンプリン&カトリーナ・パーキンス
7. No More Sayonara - レニー・ウィリアムス
8. Oh,Claudia - マイケル・センベロ
9. Ellie My Love - ビル・チャンプリン
10.Merodies - フィリップ・ベイリー

1曲目は「真夏の果実」、では、2曲目、4曲目、5曲目、7曲目あたりの原題はおわかりになるでしょうか(^^)
おなじみの曲ばかりなので、とても聴きやすいアルバムに仕上がってます。バックはサザンの音ではなく、いい感じにアレンジされてます。
桑田圭祐の楽曲がいかに素晴らしいかがよくわかる作品です。と同時に、英語で唄われる詞を聴いてると、ここは原曲ではこんな感じやなぁって、かえって日本語の響きのよさも再認識させられると思います。
この後、92年にU、93年にVが発売されてます。Uは、当時の彼女が買ってくれました。あ、もちろん今のカミさんです(^^)
で、去年、"All of Mid-Summer Blossoms"という名で3枚組として再発されてるみたいですね。オススメです!

blossoms2005.jpg

カテゴリを邦楽にするか洋楽にするか、ずいぶん迷いました。でもここは桑田さんに敬意を表して「邦楽」ってことでひとつ(^^)

posted by こいち at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

「ながら」音楽

僕は、いわゆるながら音楽、何かをしながら音楽を聴くってことが苦手です。聴くときは姿勢を正して(笑)、歌詞カードを見ながら聴かないと、どうも聴いた気にならないんですね。洋楽だったら、時には訳を見ながら聴きます。1枚買ったら何度も何度もそればっかり。早口の英語が聴き取りにくければ、ヘッドフォンで集中して聴いたりします。そうしてるうちに、曲に合わせて一緒に口ずさめるようになったらしめたもの、晴れて僕の愛聴盤リストに追加です(^^)。このブログで取り上げている作品達ですね。
ここまでくればやっと、ながら音楽でも平気になります。たとえ何かをしながらでも、8割方鼻歌交じりで歌えますから。歌いながら聴くのが好きなんですね、きっと。通勤時にウォークマンで聴くのも、そういうアルバムばっかりってことになります。電車の中であっても、ボソボソと口を動かしてることが多いと思われます(笑)
まぁそんなことで、ここ10年ほどはなかなか新しい音楽に取り組む時間がなくって、ついつい古い作品を引っ張り出してきてしまいがち。一番最近リストに加わったCDと言えば、2000年のポール・サイモンの作品「You're The One」です。もう6年近く前になりますねぇ(^^ゞ
ちなみに、ライナーノートを読むのも楽しみのひとつなので、輸入盤は滅多に買いません。特にLPの時代、輸入盤には歌詞もついてないことがほとんどでしたし、輸入盤独特の匂いが苦手でもありました。あの匂いがたまらん(^^)っておっしゃるマニアの方もいますけど、僕はどうも・・・。
posted by こいち at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

We Are The World / USA for Africa

1984年、アフリカの飢餓救済のためにイギリスの一流アーティスト達が立ち上がりました。「バンド・エイド」プロジェクトです。そして翌年、アメリカでも、ハリー・ベラフォンテが提唱した「USA・フォー・アフリカ」が始動することになります。
そりゃあもう錚々たるメンバーです。指揮をとったクインシー・ジョーンズをはじめとして、ライオネル・リッチー、スティヴィー・ワンダー、ボブ・ディラン、マイケル・ジャクソン、ビリー・ジョエル、レイ・チャールズ、そして我らがポール・サイモン・・・。とてもとても書き切れませんね。え?ちゃんと全員書け?じゃあ・・・、ブルース・スプリングティーン、ウィリー・ネルソン、シンディ・ローパー、スティーブ・ペリー、ダイアナ・ロス、ケニー・ロギンスにケニー・ロジャース、ヒューイ・ルイスやアル・ジャロウ、それから・・・ふ〜む、やっぱり書き切れません。下のジャケットをご参照ください(^^ゞ
ともあれ、この倍ほどのミュージシャンが集まって心をひとつにした作品がこれ、「ウイ・アー・ザ・ワールド」なんです。
もう内容に関しては四の五の言う必要は無いですよね。今回ご紹介するのは、20周年記念として発表された2枚組のDVDです。もともとの通常盤に特典映像がもう1枚。これはオススメです。たぶん今でも収益の一部(だったか全部だったか)は寄付されるハズ。是非とも買ってご覧ください。

africa.jpg

普段滅多に見られない、彼らの素の顔が見られてなかなか面白いです。ちょうど日本の歌手や俳優がバラエティ番組に出てるみたいな感じです。スティーヴィー・ワンダーが、物真似みたいにしてボブ・ディランに歌唱指導する場面なんか、ちょっと笑えます(^^)
posted by こいち at 22:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

Sports / Huey Lewis and the News

ボーカリスト、ヒューイ・ルイスの名を冠したグループです。もんた&ブラザーズとか世良公則&ツイスト、みたいな。
この「スポーツ」は、苦節6年、3作目にして全米一位となった83年のアルバムです。中身はロケンロール(笑)、正統派のロックです。シンプル、ベーシック、そしてストレート。いい味出してます(^^)
ちょっと僕の好みの中では毛色が違いますけど、ハスキーとダミ声の境、かなりダミ声寄り(^^)のヒューイの声は、聴く者のハートを鷲掴みにして離さない!って感じでしょうか。
このアルベムで認められた彼らは、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主題歌も担当、飛ぶ鳥を落とす勢いで作られた次作「FORE!」からは3曲のbPヒットが生まれました。
こちらもオススメです。

sports.jpg

この2枚の傑作アルバムをものした後、何故か人気にも翳りが出始めて今や見るかげもありません・・・。いや、単に僕が彼らの情報を知らないだけなのかも知れませんけど(^^ゞ
posted by こいち at 01:14| Comment(1) | TrackBack(2) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

One-Trick Pony / Paul Simon

以前ちょっと書きましたけど、今をさかのぼること32年、中学2年の時に始めてS&Gに触れて、その後僕はポール派になりました。S&Gの"S"、ポール・サイモンです。
S&G時代の曲もほぼ全てが彼の作品ですし、ソロになってからも一作ごとにいろんなアプローチでアルバムを作り上げています。非常に寡作な人で、ソロになって36年になりますが、ベストやライブを除きますと、オリジナル・アルバムとしては9枚しか出していません。平均すると4年に1枚ですが、ここのところ5年以上待たされることも珍しくありません。ちなみにまもなく、2006年5月9日に待望の新作が発表される予定です。今回はなんと6年振りとなります。「驚き」ですね(^^ゞ。
今回ご紹介するのは、80年の4作目「ワン・トリック・ポニー」というアルバムです。これは、彼が企画し、脚本を手がけ、さらには主役までこなした同名映画のサントラ盤です。もちろん音楽も本人が担当したものです。実はこの映画、大失敗に終わってしまったようです。日本では公開すらされませんでした(T_T)
いえいえ、だからといってこのアルバム自体も失敗作だと思うのは、早計に過ぎるというものです。その後もポールをずーっとサポートしていくことになるスティーブ・ガッドや、今は亡きリチャード・ティといった面々がバックを固め(彼らも映画に出演しています)、サントラ盤ということもあってか、ポールの作品にしては珍しく(^^ゞ、非常にとっつきやすいアルバムに仕上がっています。一番クセがなく、万人向けといえるのではないでしょうか。
なお、この後ポールはスランプに陥ってしまいます。映画の失敗に続いて、その後のS&G初の再結成ツアーでアーティとの確執を再認識したポールは、ツアーの後S&G名義で発表するハズだったニューアルバムからアーティの声を消し去り、自身のソロ作品として発表するのですが、商業的には成功とは言いがたいものになりました。
が、しかし!!
数年のスランプを経て、ポールはかの名作、全世界で1,000万枚以上売れたというアルバム「グレイスランド」をひっさげて復活します。この「グレイスランド」については、後日改めて取り上げることといたします。乞うご期待!(^^)

One-Trick-Pony.jpg

「ワン・トリック・ポニー」が出た年、僕は大学の1回生、第二外国語として履修したフランス語がサッパリわからず、試験の時にこのアルバムが出た喜びを書き連ね、可をもらった思い出があります。その後、何か一般教養の試験でも、ポールの音楽がいかに素晴らしいかを書いて単位をもらいました。いい時代でしたねぇ(笑)
posted by こいち at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

An Innocent Man / Billy Joel

ピアノマン、ビリー・ジョエルです。1983年、彼は「イノセント・マン」に変身して登場しました(笑)全曲オールディーズ風、彼の作品の中では異色と言えるアルバムです。
ただ、もともとこういうのを聴いて育ってきたというだけあって、肩の力の抜けた、非常にリラックスした作品に仕上がっており、聴いてるこちらも思わず笑みが出てしまうくらい。50年代の音楽など聴いたことのない僕にも
なんか懐かしさを覚えさせる、それでいて古臭さを感じさせない曲の数々は、さすがです。
一人で全てのパートをこなしたというアカペラや、大ヒットとなった「Tell Her About It」など、聴きどころ満載のオススメ盤です。今ではクラシック畑にいってしまったビリーですが、いつかまたこんなポップな新作を届けて欲しいものです。

joel.jpg

10余年前のある日、大阪城ホールで彼のコンサートがあり、僕も友人と行く予定にしていました。しかし当日の未明、まったく予期せぬ出来事が起こってしまいました。阪神淡路大震災です。
僕の大好きな神戸の街は壊滅状態となりました。それほどの被害はなかったとはいえ、大阪に滞在していた彼もさぞビックリしたことでしょう。その日のコンサートは翌日に延期され、僕はといえば、実家が西宮にあるため、コンサートどころではなくなってしまいました。
被害状況をニュースで知ったビリーは、翌日のコンサートの開演前に追悼の意を捧げ、かなりの金額を寄付したといいます。なんでもその日のコンサートが海賊盤で出ているとか。是非とも聴いてみたいものです。
posted by こいち at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

Seiko Box / 松田聖子

80年代の日本の音楽界を振り返るとき、この人をおいては語れますまい。それくらいの人気と知名度でした。表向きは否定していても実は隠れファン。そんな人も多かったです。もちろん僕もその一人です(^^ゞ
彼女の髪型を真似た、いわゆる「聖子ちゃんカット」は社会現象にもなりました。当時は、同じ髪型をした女の子達が街を闊歩していたものです。みんな似あってればよかったんですけどねぇ(笑)「ブリっ子」の元祖も確か聖子ちゃんでしたよね。
デビューがちょうど80年ですから、それから26年・・・・。アイドルからママドルへ、そして今もなお第一線で活躍しているのは驚異的ですらありますね。
彼女の魅力は、もちろんアイドルとしての可愛らしさもさることながら、多彩な作家陣による楽曲にあるのではないでしょうか。松本隆の詞をはじめとして、曲のほうでは財津和夫、大滝詠一、呉田軽穂(ユーミン)、来生たかお、細野晴臣・・・と枚挙にいとまがありません。歌謡曲のアイドルの中ではじめてアルバムで勝負できた人だと思います。シングル曲だけじゃなく、アルバムも力作揃いです。さらにアメリカ進出にあたっては、プロデューサーにフィル・ラモーンやデヴィッド・フォスターを迎えています。なんという太っ腹!
で、僕が気に入ってよく聴いてたアルバムがこれ、1985年の11月に発売された「松田聖子全集 Seiko Box」です。4枚組全60曲というボリュームながら、一気に聴かせます。デビュー曲の「裸足の季節」から、件のフィル・ラモーンプロデュースの「DANCING SHOES」までの全シングル曲に加えて、80年から85年の間に発表したアルバムからの選りすぐりで構成されており、第一次全盛期とも言うべき6年間の集大成って感じです。
特にこの頃は、出す曲出す曲1位って状態でしたから、それらのシングルが全て網羅されているのは嬉しい限り、聴き応え十分です!

seiko_box.jpg

87年以降についてはですね、88年のアルバム「Citron」に収録されていたデビッド・フォスター作曲の「抱いて・・・」と、96年発表の本人の手による作品「あなたに逢いたくて〜Missing You〜」、この2曲を押さえておけばいいでしょう(^^)
posted by こいち at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

F.R.DAVID、めっけ!

ご存知でしょうか、F.R.デイヴィッド。歌は英語ですが本人はフランス人でして、82年に発表されたアルバム「WORDS」は、まずヨーロッパから火がつき、その後アメリカでも大ヒット、全世界で500万枚以上売れたとか。日本では翌83年に発売されました。邦題は「ワーズ」。まんまです(^^)
さて内容はと言いますと、こういうのもやっぱり打ち込み系なんでしょうか、シンセサイザーとドラムマシンを多用した音作り。AORじゃないし、ロックでもないし、エレクトロニック・ポップっていうジャンルがあるのかどうか、その頃流行ってたハワード・ジョーンズとか、日本でいうならYMOとか、あるいはイモ欽トリオの「ハイスクール・ララバイ」っていうほうがわかりやすいかも知れませんが(笑)、なんしかそんな感じの音です。
そして彼の魅力は、バックのデジタルとは対照的にとてもあったかい歌にあります。ちょっとだけハスキーでハートウォーミングな、心に沁みこむ声です。
僕は当時、友達の家ではじめて聴いて、「これなに!?」っていっぺんで気に入ってしまい、ちょっと借りるわって言って、そのまま持って帰った思い出があります。非常に覚えやすいメロディと比較的平易な英語の歌詞は、その歌声と相まってすんなりと耳に入ってきて、いつまでも頭の中でリピートしていたものです。♪ワーーーズ、ドンカムイージィ、トゥミー♪
あ、もちろん、探し回って自分で買った後、ちゃんと返しましたよ(^^)

FR_WORDS.jpg

84年には2作目の「Long Distance Flight」っていうアルバムが発表されました。これも前作の路線を踏襲した作品です。日本では85年、「愛飛行」っていう邦題での発売でした。

FR_LDF.jpg

僕が持ってるのは、もうお察しの通りこの2枚のLPです。僕がLPからCDに移行しようとしてCDを探した時には、「GIRL」っていうCDしかありませんでした。先の2枚からのベスト盤、おそらくCMとタイアップした企画モノです。今ではこれも廃盤のようです。

FR_GIRL.jpg

ところが!今回このブログを書くに当たってちょっと調べてみたら、その後も活動を続けていることがわかりました。お隣の国、韓国では今も人気だとか。
そして何よりも、この2枚をそのまま1枚のCDに収めて、さらにボーナストラックまで付けちゃったCDがロシアで発売されていることを知り、さっそくとある通販CDショップで入手した次第です(^^)

e_frdavi82.jpg

う〜ん、これこれ!!
これは家宝にしたいくらいのアルバムです、いやホント(^^)
なんかS&Gに次いで力が入っちゃいました(笑)
posted by こいち at 22:09| Comment(3) | TrackBack(1) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

Fool's Paradise / Randy Goodrum

ランディ・グッドラム、82年のデビュー作です。
デビューと言ってもシンガーとしてのデビューってことで、これ以前から、ライターとしていろんなアーティストの曲を書いるようです。全米bPも記録しています。この作品は一応AORの範疇なんですけど、AOR系ばかりでなく、マイケル・ジャクソンやオリビア・ニュートン・ジョン、意外なところでは松田聖子やオフコースにも曲を提供してるみたいですね。
それだけライター、コンポーザーとして認められている人ですから、この「フールズ・パラダイス」、楽曲の悪かろうハズがありません(^^)特にミディアム〜スローなナンバーが彼の持ち味だと思います。メロディアスなバラードのデュエットも聴きモノです。

randy.jpg

全体の雰囲気は、まさにこのジャケット通り。酒場の片隅でバーボンなんかを傾けながら、こんな音楽が流れてきたらピッタリって感じです。ちょっと気だるくって、でもどこか知性的。もちろん間違ってもヤケ酒じゃありませんよ(笑)一人でなんかこう、いろんな想いを噛みしめるような、そんなお酒ですね。例えば娘を嫁に出した夜とか・・・(泣)

posted by こいち at 00:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。