2006年03月20日

S&G、お薦めの1枚はコレ!

さてそういうわけで、Simon & Garfunkelです。ポール・サイモンとアート・ガーファンクルのデュオですね。S&Gといえば、ビートルズやボブ・ディランなんかと並び称される世界的なミュージシャンなんですけど、日本での人気、知名度はイマイチの感がありますよね、実際の話。
「昔聴いたことがある」とか、「知ってる知ってる、まだやってんの?」なんてのはマシなほうで、「S&G?誰それ?」などとおっしゃる輩も少なくありません(T_T)
解散したのが1970年、その後はそれぞれにソロ活動をしながら、81年のセントラルパークに続く83年までの再結成、93年の"THE CONCERT EVENT OF A LIFETIME"と題されたひと月ほどの再々結成、03年と04年にアメリカ、ヨーロッパを回った再々々結成と、ほぼ10年ごとにリユニオンを繰り返しています。2003年の時には、日本でもそこそこワイドショーなんかで報道されてたんですが、ご存知だったでしょうか^_^;
82年と93年には来日公演も実現しています。
S&Gとして発表されたオリジナルアルバムは、64年から70年にかけて5枚。映画「卒業」のサントラ盤を入れても全部で6枚です。
あとは、70年以降、彼ら自身が選曲した未発表ライブ音源等を含むベスト盤(「グレイテスト・ヒッツ」)、先にご紹介した「セントラルパーク・コンサート」をはじめとする3種類のライブアルバム(1967年当時のライブ「ライブ・フロム・ニューヨーク・シティ 1967」、一番新しい03年ツアーのライブ「オールド・フレンズ:ライヴ・オン・ステージ」)、レア音源なんかも収録されたBOXセットも発表されました。また、オリジナルのほうも近年リマスターされまして、デモテイクや未発表曲をボーナストラックとして収めたものが絶賛発売中!です。
そんな中で、僕のおすすめの1枚は「エッセンシャル」っていう近年発表された企画モノ、全40曲2牧組のベスト盤です。嗚呼、S&G会議室の方たちが聞いたら怒られそう・・・。でもこれはあくまでもS&G布教活動の一貫として、まずは聴きやすいアルバムをってことですので、お許しあれm(__)m
このベスト盤ですが、もちろん代表曲の全てが網羅されていますし、ライブからの曲も収録されていたりして、実はなかなかのものなんですよね(^^)
一家に一枚「エッセンシャル」、是非聴いてみてください。
(すっかり80'sからはずれちゃいましたね)

S&G.jpg

これをきっかけにS&Gにハマりますと、ソロ作品も聴きたくなること請け合いです。そうしたらいつかきっと、ポール派かアート派かの決断を迫られるでしょう。ここまできたらアナタも立派なマニアです。
彼らのレア音源にまで興味を持たれたなら、僕までご一報ください(笑)
posted by こいち at 02:35| Comment(0) | TrackBack(1) | S&Gのススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。