2006年03月23日

BABY BLUE / 伊藤銀次

伊藤銀次と言えば、80年代前半、もっとも輝いてたアーティストの一人じゃないでしょうか。
特に82年から83年、2年の間にアルバムを4枚リリースするなど、今ならさしずめ倖田來未の12週連続シングルリリースに匹敵するくらいの偉業(笑)も成し遂げています。その後もアルバムはいくつか出してますが、この4作と比較すると、やや・・・って感じは否めません(^^ゞ
なかでも、最初のアルバム「Baby Blue」は、ポップな音作りと、決してうまいとは言えない歌との相乗効果で、とてもインパクトのある作品でした。ジャケットも素敵ですし、収録された全10曲、ジャケットと同様にどの曲も淡い色合いのラブ・ソングです。
当時の作品は、今はベスト盤「ベスト・オブ・ベスト」でしか聴けないようです。再発を強く希望します!(^^)

BABY BLUE (1982.4.25リリース)
ginji_babyblue.jpg
1. BABY BLUE
2. 雨のステラ
3. TAPPIN' AND CLAPPIN
4. プラネット・ガール
5. センチメンタルにやってくれ
6. CONGLATURATIONS
7. ONE WAY TICKET TO THE MOON
8. そして誰のせいでもない
9. JUST A LITTLE LOVE
10. SHADE OF SUMMER

SUGAR BOY BLUES (1982.9.25リリース)
ginji_sugar.jpg

STARDUST SYMPHONEY '65-'83 (1983.4.25リリース)
ginji_stardust.jpg

WINTER WONDERLAND (1983.10.21リリース)
ginji_winterwonderland.jpg

で、この伊藤銀次さん、何を隠そう「笑っていいとも!」の主題歌、お昼休みはウキウキワッチン♪の作者なんですよねぇ。当時いかに注目されてたかって証です。知らなかったでしょ?(^_^)v
posted by こいち at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15353885

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。