2006年02月27日

どうして、今こそ80’s!?

小学校の終わりごろ、帰りの放送で「イエスタデイ・ワンス・モア」がかかっていてカーペンターズを知りました。まだ習っていない英語を聞きながら、歌詞カードにカタカナで読み方を書いていました。

中学2年生の時からサイモン&ガーファンクルにはまり、ポール・サイモン、アート・ガーファンクルのソロ作品も含めて、30年来のマニア・・・、いえファンであります。
高校の頃は、松山千春、アリス、チャゲ&飛鳥など、ニューミュージックが好きでした。
そして1980年の春、僕は大学生になり、バイトの先輩に勧められたのをきっかけにAORをよく聴くようになりました。
今もたまには新しいCDを買いますし、最近通勤時間に聴いているのはDef Techなんですが(^^ゞ、やっぱり学生時代以降の80年代に聴いていたCDを引っ張り出してくることが多いです。
なので、(僕の中では)今こそ80’s!
僕の大好きな音楽に、少しでも興味を持ってくれる人がいれば嬉しいなと思っています。
posted by こいち at 03:08| Comment(0) | TrackBack(1) | なぜ今80's? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アート・ガーファンクル 「天使の歌声」  
Excerpt: アート・ガーファンクルのソロ、ファーストアルバム「天使の歌声」。まさに”天使の歌声”と呼ばれる、ガーファンクルの歌。S&G時代よりソロのガーファンクルの方が好きです。彼の歌声が好きでS&amp..
Weblog: ロック名鑑
Tracked: 2006-03-24 22:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。