2006年05月11日

Surprise / Paul Simon

ついに!やっと!!とうとう!!!
足かけ6年振りとなるポール・サイモンの最新作です。2年位前でしょうか、ポールがいよいよ製作にとりかかってるらしいとの情報が出始めて以来、首を長〜〜くして待ってました。「Musical Pallet」っていうタイトルの時期もあったようですが、ご覧の通り「Surprise」となりました。
今回の目玉はなんといってもブライアン・イーノとのコラボレーションってことですね。いくつかの曲を共作し、ラストを除く全10曲において「Electronics:Brian Eno」とクレジットされ、アルバム全体としても「Sonic Landscape:Brian Eno」として名を連ねてます。さてさてこれはいったいどういう意味なんでしょうかね。ふ〜む。
一聴して、ある意味、86年の作品「グレイスランド」にも匹敵する衝撃を受けました。僕にとってもサプライズです(^^ゞ
アルバムを通して、ポールの「憂い」みたいなものを感じます。社会への憂い、時代への憂い、そして子供たちの未来への憂い・・・。ジャケットの赤ん坊も、ただあどけないというだけではなく、何かを訴えかけるような瞳をしていませんか?ブックレットに載っている、各曲を象徴するかのような数々の写真も非常に意味深です。
2001年の同時多発テロから昨年のハリケーン被害まで、ここ数年ポールの心は、自分自身ではどうにもできないことに対する恐怖や怒りや嘆き、そういったものに占められていたのかも知れません。あくまでも推測ですが、それこそが今回ブライアン・イーノとの共同作業に至った最大の要因だったのではと思ったりします。
どの曲にもポールらしさが随所に表れてるのは間違いありません。他の誰でもない、ポール・サイモンの作品に仕上がってます。いつも通りのセルフ・プロデュースなので当・ですね。なのにこういう印象を受けるってことは、ブライアン・イーノのエッセンスに包まれているからでしょうか。彼が担ったのはそういう役割だったってことですね。だとしたら、ポールの意図するところを余すことなく表現したという点において、成功だったと言えますね。
ともあれ、今年65尊になるポールの新境地とも言えるアルバムです。そしてそれこそが、僕が大好きなポール・サイモンたる所以です(^_^)v

surprise.jpg

アルバムのラストを飾るのは、アニメ映画「The Wild Thornberry Movie」の主題歌で、2002年度アカデミー賞にもノミネートされた"Father and Daughter"です。サントラ盤にも収録されていましたが、今回リミックスされて再登場!ポールの息子、エイドリアンもバック・コーラスで参加しています。この曲だけブライアン・イーノが絡んでないみたいで、最後にほっとさせられます(^^)
ちなみに今僕が手にしてるのは輸入盤です。国内盤は5/24発売予定!もちろん僕も保存用に買いますよ(笑)

posted by こいち at 01:41| Comment(5) | TrackBack(2) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。